文京区 江戸川橋 皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎 とびひ イボ おでき 腫れ シミ ニキビ 巻き爪 陥入爪 早稲田 護国寺

江戸川橋皮フ科クリニック|文京区の皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

江戸川橋皮フ科クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は15:00~18:00。休診日:木曜日、土曜午後、日曜・祝日

江戸川橋皮フ科クリニックは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分 電話番号:03-5227-8715

歩くだけで・触るだけで痛い「魚の目」

魚の目とは、主に足の裏や足の指の間にできる、圧迫により痛みを生じる角質の塊です。
表面はやや隆起し中心部は半透明の芯があり芯の先端は円錐状に尖り皮膚内に侵入しています。
魚の目のように見えるため、俗に魚の目と呼ばれます。

合わない靴を履き続けると「魚の目」の原因に

魚の目は靴との摩擦・浅いところにある骨や関節などにより、一定部位に繰り返し圧迫刺激が加わることで生じます。ご自身の足に合わない靴を履くことで魚の目ができることも多いです。

「魚の目」は日常生活に大きな影響がありますので早期治療をおすすめします

角質をやわらかくした後に、芯を取り除きます。
角質軟化剤や保湿剤などを用いたスキンケアなどで局所への刺激を少なくすることも大切です。