文京区 江戸川橋 皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎 とびひ イボ おでき 腫れ シミ ニキビ 巻き爪 陥入爪 早稲田 護国寺

江戸川橋皮フ科クリニック|文京区の皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

江戸川橋皮フ科クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は15:00~18:00。休診日:木曜日、土曜午後、日曜・祝日

江戸川橋皮フ科クリニックは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分 電話番号:03-5227-8715

冬場に気を付けたい「乾燥肌」対策

空気が乾燥しやすい冬場は、肌がカサカサになりやすく、かゆみが起きやすい季節です。乾燥肌対策として、ハンドクリームなどの保湿クリームを用いることは良いことですが、中には乾燥肌の要因にアトピー性皮膚炎など、皮膚病の影響が考えられる場合もありますので、一度皮膚科の医療機関を受診されることをおすすめします。

乾燥肌の予防

  • 入浴はややぬるめのお湯(38~39℃程度)で20分以内にする
  • 身体を洗う際には、泡立てた石鹸を手のひらを使うようにする
  • お風呂を上がった際には、すぐに保湿をする
  • できるだけ刺激・摩擦の少ない衣類を着用する
  • 部屋では加湿器を用いて乾燥対策を行う

乾燥肌の治療

塗り薬

乾燥を防止するための保湿のお薬を用います。
ひどいかゆみの場合はステロイド外用薬を用います。

飲み薬

かゆみを抑える抗ヒスタミン薬を用います。

よくある質問Q&A

乾燥肌が原因で手がひび割れになった際は、絆創膏を貼ってもよいでしょうか
一時的に使用する場合は良いですが、貼りっぱなしにしておくと、傷口がふやけて細菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのため、使用は一時的にして、保湿クリームを用いるようにしましょう。それでも症状が改善しない場合には、一度ご相談ください。
冬の時期に入浴すると、肌がとてもかゆくなります
冬の時期の入浴で肌がかゆくなるのは、お湯の温度刺激によるものです。急激な温度変化を抑えるため、入浴前に身体を少し温めるようにし、入浴はぬるめのお湯で済ませるようにしましょう。