文京区 江戸川橋 皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎 とびひ イボ おでき 腫れ シミ ニキビ 巻き爪 陥入爪 早稲田 護国寺

江戸川橋皮フ科クリニック|文京区の皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

江戸川橋皮フ科クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は15:00~18:00。休診日:木曜日、土曜午後、日曜・祝日

江戸川橋皮フ科クリニックは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分 電話番号:03-5227-8715

急なかゆみ、赤い腫れ 「じんましん」の対処・治療法

じんましんは、強いかゆみとともに、皮膚が蚊に刺されたように赤くふくらむ疾患です。赤いふくらみは小さいものから地図状にひろがるものまで様々です。それぞれの赤いふくらみは数時間から半日程度で消えるのが特徴です。

「じんましん」といっても種類は様々

急性じんましん
毎日のように繰り返し症状が現れるじんましんのうち、発症して1ヶ月以内のもの。
細菌・ウイルス感染などが原因となることが多いです。
慢性じんましん
毎日のように繰り返し症状が現れるじんましんのうち、発症して1ヶ月以上経過したもの。
原因が特定できないことも多いです。多くは夕方から夜にかけて出現しやすいです。
物理性じんましん
温熱・寒冷・圧迫・日光など、機械的な刺激により起こります。
コリン性じんましん
運動・入浴などの発汗刺激や精神的な緊張(冷や汗)により出現します。
アレルギー性じんましん
すぐに症状が現れるじんましんで、食べ物・薬物・昆虫などに含まれる特定物質に反応して起こります。
血管性浮腫
口唇やまぶたが突然腫れあがり、2~3日で消えます。
じんましんはアレルギー物質や物理的な刺激が原因になっていますが、それらのうちどれが原因になっているかは人によって様々です。

必要に応じて血液検査を行う場合があります

アレルギー性のものは血液検査で原因の検索を行うこともありますが、原因がみつからないじんましんも多いです。

「じんましん」の原因を突き止めることが大切 「じんましん」の治療

原因悪化因子がわかったものは、それらの除去や回避を行い、抗ヒスタミン薬の内服を行います。
慢性じんましん、物理性じんましん、コリン性じんましんは症状が落ち着くまでの期間、内服を続けます。
症状が落ち着いても、すぐに薬剤を中止せずに、徐々に薬の量を減らしたり、飲む間隔をあけて再発しないのを確認しながら徐々にやめていきます。

全身広範囲にじんましんができていたり、強いかゆみ、呼吸苦、腹痛・下痢などの症状がある場合は抗ヒスタミン薬やステロイド薬の点滴をすることもあります。