文京区 江戸川橋 皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎 とびひ イボ おでき 腫れ シミ ニキビ 巻き爪 陥入爪 早稲田 護国寺

江戸川橋皮フ科クリニック|文京区の皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

江戸川橋皮フ科クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は15:00~18:00。休診日:木曜日、土曜午後、日曜・祝日

江戸川橋皮フ科クリニックは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分 電話番号:03-5227-8715

帯状疱疹|体の左右片側

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる症状です。
体の左右どちらか片側の神経に沿って、赤いぶつぶつや水ぶくれが現れるのが特徴です。

原因は子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルス

多くの人が水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染するのは子どもの頃で、その際にはよく耳にする「水ぼうそう」が発症します。水ぼうそう自体はその後1週間程度で治りますが、実はこの時、ウイルスはいなくなるわけではなく、体の中の神経内に隠れているのです。

健康な状態であれば、体内に水痘・帯状疱疹ウイルスがいても悪さができないように免疫機能が働いているのですが、疲労やストレスなどで免疫力が低下するとウイルスの動きが活発化して帯状疱疹が発症します。

症状は長いと1ヶ月ほどかかることも

帯状疱疹の痛みは、全く感じない方もいれば、夜も眠れないくらいに激しい痛みを伴う場合もありタイプは様々です。最初は、皮膚がひりひりしたような感じの痛みやかゆみなどが1週間ほど続き、やがて違和感を感じた場所に赤い発疹がでてきます。

発疹が現れてから1週間後には水ぶくれが次々に現れ、発疹の範囲が広がっていきます。その後は、2週間程で水ぶくれの箇所がかさぶたとなり、3週間くらいかけて治っていきます。

普段から無理をせず、十分な栄養・睡眠を取るようにしましょう

帯状疱疹が発症するのは、体の免疫力が低下している時です。
普段から十分な栄養・睡眠を取るようにしましょう。

症状が現れた場合も、早めにクリニックに受診するのと同時に安静にして体を休めてください。
また、患部を冷やすと痛みが強くなる傾向があるため、温めるようにしましょう。

よくある質問Q&A

帯状疱疹は再発しますか?
帯状疱疹は、普段は人間の免疫機能で抑えられている水ぼうそうのウイルスが、免疫低下で活発化することによって起こります。そのため、免疫が低下している場合は発症する可能性があります。日頃から疲れを溜めこまないようにしましょう。
他人に感染してしまう可能性はありますか?
過去に予防接種を打っていたり、ウイルスにかかっている方への感染は起きにくいですが、水ぼうそうにかかったことのない方に対しては感染が起きやすくなりますので注意が必要です。
帯状疱疹は放っておいても大丈夫ですか?
帯状疱疹が長引くと、痛みが後遺症として残る場合があります。
後遺症を防ぐためには早めの治療が大切です。
帯状疱疹にかかったら早めに受診しましょう。