文京区 江戸川橋 皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎 とびひ イボ おでき 腫れ シミ ニキビ 巻き爪 陥入爪 早稲田 護国寺

江戸川橋皮フ科クリニック|文京区の皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

江戸川橋皮フ科クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は15:00~18:00。休診日:木曜日、土曜午後、日曜・祝日

江戸川橋皮フ科クリニックは東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分 電話番号:03-5227-8715

手足の指が赤い、痛かゆい!「しもやけ」の症状・治療

冬に起こりやすい皮膚の病気として、しもやけがあります。
しもやけは、寒さで血行が悪くなるために生じる疾患で、手足の先や耳たぶ・鼻などといった血管が細い部分に起こりやすいです。

しもやけは昼と夜の温度差が大きいとできやすい

しもやけは、体質や遺伝の関係もありますが、一般的には気温が5℃前後で、昼と夜の温度差が大きい季節に症状が起きやすいと言われています。寒い日は手足の先などを冷やさないよう、暖かい手袋や靴を履き、汗などで衣服が濡れた場合は早めに取りかえるようにしましょう。

こんな症状ありませんか?しもやけチェック

  • 手足の指が腫れている
  • 手足の指が暗紅色になる
  • 手足の指が痛痒い

冬前の対策で症状を軽減も しもやけの治療

血行をよくするためのビタミンEの外用や内服療法を行います。
症状によってはステロイドを短期間使用することもあります。

毎年症状の出る方は、本格的に寒くなる前の秋頃からビタミンEの内服を始めることで症状を軽くおさえることができますので、しもやけでお困りの方は早めにご相談ください。

よくある質問Q&A

しもやけが起きやすい特徴はありますか?
しもやけは、寒さによって血行が悪くなり起こります。
そのため、手足の先や耳など身体の末端部分、特に血管の細いお子様に起きやすい症状です。
日常生活の中で注意するべき点はありますか?
手足の先や耳などが冷えないように、手袋や靴・耳あて(イヤーマフラー)を用いるようにしましょう。また、身体が水分で濡れていると冷えやすくなるため、水分はしっかりふき取るようにしましょう。
どのように治療するのですか?
しもやけは、血行不良が原因ですので、血行を良くするための内服薬、外用薬を用います。
場合によっては、短期間ステロイドを用いる場合もあります。